翻訳サービスを派遣するメリットとデメリット

翻訳の依頼には、翻訳会社へ依頼する方法と翻訳サービスを派遣する方法の2種類があります。

翻訳サービスを派遣する場合のメリットは固定の派遣翻訳者がオンサイトで継続的に作業ができる点です。継続的に作業ができれば会社特有の用語に対する理解も深まり、柔軟に対応してもらうことができます。さらに直接翻訳者に細かい指示が出せる点もメリットの一つであるといえるでしょう。翻訳サービスの派遣は中期から長期にわたるプロジェクトの翻訳を依頼したい時に有効です。

翻訳サービスを派遣する場合のデメリットは、翻訳をするのが1人になってしまう点です。翻訳会社に翻訳を依頼すれば翻訳者以外に校正者やネイティブチェックなど複数の人が対応します。複数の人が確認することによって安定した質を保つことができる翻訳会社の翻訳に比べて、派遣による翻訳は不安な点もあるといえるでしょう。他にも納期におけるメリットとデメリットがあります。

翻訳サービスの派遣を利用すれば、常に翻訳者がスタンバイしているので時間を有効に使うことができるというメリットがあります。また依頼するたびに見積もりをとる必要がなくなり、翻訳に必要な用語集なども送付しなくてもよくなります。具体的な指示もすぐに行えるので、スピーディーに翻訳を頼むことができます。納品における翻訳派遣のデメリットは、大量で期限が短期間の翻訳は手に負えなくなってしまうことです。そのような場合は翻訳会社へ依頼するのが最適です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *