翻訳サービスは翻訳会社と派遣のどっちに頼む?

翻訳サービスには翻訳会社に翻訳を依頼する方法と翻訳者を派遣してもらう方法の2種類があります。

翻訳会社に翻訳を頼む方法と翻訳者を派遣してもらう方法のどちらにもメリットとデメリットがあるので、ケースに応じて使い分けることが大切です。コストがかかっても質を重視したいのであれば翻訳会社に翻訳を依頼する方法が有効です。翻訳会社に翻訳サービスを依頼すればひとつの翻訳案件に翻訳者、校正者、ネイティブチェックの3人が関わることになるので安定した質を保つことができます。度重なる変更に対応できるような翻訳サービスが必要であれば翻訳者を派遣してもらう方法が有効です。

派遣の翻訳者は翻訳会社を通さずに指示ができるので、会社特有の用語など細かな指示に柔軟に対応することができます。費用の面においては、翻訳会社は原稿の文字数によって費用が算出され、派遣の翻訳サービスでは時間単位での契約になります。したがって翻訳の仕事がたくさんある時は割安感を感じることができ、プロジェクトの山場を越えて仕事量が少なくなってきたら割高感を感じることが多いです。

翻訳会社は翻訳者を派遣するより割高感を感じることが多いですが、その分チェックがしっかりしているので安心して依頼することができます。納期の点においてはすぐに支持を出すことができる派遣の翻訳者の方がスピーディーなような気がしますが、翻訳する量が多い場合は翻訳会社の方が有効です。翻訳会社では海外在住の翻訳者などを利用しているからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *