翻訳サービスの仕事とは

翻訳サービスの仕事はもちろん翻訳をすることになるわけで、少なくとも人並み以上の語学力は仕事に必須となります。

ただ、人並み外れた語学力が必須かというと、意外とそうでもなく、多少覚えのあるくらいの人であっても十分にやっていける可能性はあります。翻訳サービスの仕事で最も多い言語はやはり英語ですが、英語はそれだけできる人も多く、つまり競争が激しくなるという側面があります。ところが英語以外の言語となると、とたんに腕に覚えのある人の絶対数が減ってしまうのが実情です。

ですから、自分では全く大した実力ではないと思っていても、実は十分に必要とされるというか、重宝される可能性があるのです。もちろん英語以外の言語は需要も減ってしまいますが、その中でも需要が近年増加しつつある言語があります。その筆頭はやはり中国語でしょう。中国は人口の多さもあり、経済的にも近年非常な発展を遂げつつあります。それだけ翻訳サービスの需要も増加しているのですが、その需要に対して翻訳ができる人の供給が追い付いていません。

そのため多少の実力であっても十分に仕事ができる可能性があります。中国語に関しては、発音はともかくとして表記は漢字という私たち日本人にも極めて馴染みのある文字が使われているのですから、日本人にとっては英語などよりははるかに身近な存在とも言えるわけで、英語の次に来る第二外国語として勉強しようと考える人もはっきり増えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *