スピード重視で翻訳サービスを選ぶ

依頼を受けてから納品されるまでのスピードは、どこの翻訳サービスを選ぶかで大きな違いがあるようです。

なぜ同じ量の仕事を任せているのに差が出るのかというと、翻訳するスタッフの数やサービスを提供するための体制が異なるからです。スタッフの数に関しては大手にはかないませんので、急いでいる時には大手の翻訳サービスから探してみることをおすすめします。ただし、単純に人数がいるというだけでは足りませんので、対応言語についても確認する必要があります。原稿用紙1.5枚は600文字ですが、この量を依頼した場合の納品時間を目安にすると分かりやすいようです。

翻訳サービスではスピードだけを求めることはできず、品質も落とさないようにしなければなりませんので焦らせるのは禁物ですが、必要な時期に間に合わないと困りますので、可能な範囲での最短の納期を確認しておくことが大切です。スケジュールというのは大抵は余裕を持って伝えているため、多少は早くできます。見積もり後の手続きがスピーディーであったり、発注方法が分かりやすいと、ミス無くスムーズに進めることができます。

こういった面はシステム関連ですので、どれだけ質の高いシステムを導入できているかが重要です。納品スピードを気にしている時には焦って依頼先を決めてしまうことも多いのですが、質の良いサービスを受けるためにはきちんと翻訳サービスを選ぶことが大事ですので、ポイントを押さえて見極めましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *