翻訳サービスビジネスにオフィスは不要

翻訳サービスを提供している企業が多くなってきました。

インバウンドを期待するビジネススタイルから多くの需要があるためだと思われます。多くの会社がオフィスを構え、見積もりや説明のために来社することがありますが、翻訳サービスにとってオフィスは必要ない時代に変わりつつあります。インターネットの普及によって、データのやり取りのために直接会う必要は無くなりました。

原稿の引き渡しや納品まで、メールで完了してしまうこともあります。だから、どこにオフィスがあっても翻訳サービスのビジネスは成り立つことになります。都内に所在する会社はそれだけ賃料などが必要となり費用に含まれることになります。賃料の違いは、提供されるサービスの費用の一部になっていると言うことです。必要経費が低い相手に依頼した方が安く仕上げてもらえることになります。極端な話では、翻訳サービスのビジネスは国内で行う必要はなく、翻訳する先の国で日本語に翻訳する方が安価で正確な場合もあります。

人件費も必要経費で大きな割合を占めています。言語を利用している国で最も低価格で提供できるところを探すこともコストパフォーマンスをあげるためには重要です。データの納品はセキュリティーの高いファイルサーバーを介し、質問はメールでやり取りすることで十分です。もうオフィスの所在地で会社の良し悪しを見極める時代は古くなりました。それよりもコスト意識を持っている企業の方が安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *