ビジネス向け翻訳サービスはオフィスで信用を勝ち取る

2020年のオリンピックに向けて、昨年も日本を訪れる外国人観光客は最高を更新し、少子高齢化による人口減少を受けて労働市場も外国人向けに開放が進むなど、日常生活の国際化が進んでします。

そうした中でポケットサイズの翻訳機が市販されるなどITも進歩していますが、ビジネスのコミュニケーションは正確を期さなければなりません。たとえば業界特有の専門用語や、同じ言葉でも特定の業界では一般的な意味ではなく固有の意味を持たせる場合もあり、誤解や行き違いが損害につながることもあるので経験豊富な翻訳サービスを利用するのが安心です。

ビジネス向け翻訳サービスは信用が第一、本来当事者同士しか知り得ない契約内容や技術情報も翻訳サービスは間に入って全て知り得るので、打ち合わせは社外などではなくオフィスなど第三者が周囲にいない環境で行うよう心がけます。また、経験と実績豊富なプロならば、同じ業界の他社から利用されている可能性もあるので守秘義務についての取り決めも重要です。同業他社や誰もが知っている大企業の名前を挙げて、”あそこもうちを利用しています”などの売り込みをする業者は、自社のことも人に話をされるリスクがあるので避けるのが有効です。

ビジネスホン薬は価格よりも品質と信用重視、一度信頼できると感じたらリピーターになると便利で、そのためには相手のオフィスか自社か決まった場所を打合せスペースとして確保するのが便利です。少なくとも一回以上は相手のオフィスも訪れて、情報の保管状況について確認しておくのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *