観光地において翻訳サービスの向上が必要

これから日本は観光立国を考えているわけですから、観光客に多くのサービスを利用してもらうために、翻訳サービスを充実させる必要があると考えらます。

というのは、実は観光客が夜はホテルに帰って出てきていないという事が分かったからです。これは、メジャーな観光施設は翻訳サービスが充実しているので、多くの観光客を呼ぶことが出来ているのですが、その観光客は夜は帰ってしまっていて、外に出歩けないというのが、今の日本の観光業の状態であるという事が分かったというわけです。

夜も当然観光客は楽しみたいと考えているのですが、主要な観光地以外は翻訳サービスが充実していないので、出歩くことが出来ない状態になっているのでしぶしぶホテルに帰っているという事です。日本は観光客が楽しめる食事の施設など実は多いにも関わらずに、この翻訳サービスの問題で利用してもらう事が出来ていないという事ですから、急ぎこれを充実させるという事をする必要があります。

モバイル端末で行われている翻訳はあくまでもメジャーな会話などについて出来るというだけですから、料理屋などでの注文の翻訳に使えるというところまでは言っていません。勿論、簡単な注文ぐらいは出来るのですが、メニューの説明が出来たり、詳しい解説が出来るという事ではありませんから、そうしたきめ細かいところという事になれば、端末ではなく独自に翻訳サービスを展開するという事も考えなければならない事でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *