翻訳サービスを探す場合のポイント

翻訳サービスは様々なものがあります。

検索エンジンで探す場合では、複数のサービス会社に見積依頼をして料金や納期や品質を比較検討するパターンがあります。ただしこの場合分かる情報は、「価格」と「納期」程度になるので「翻訳品質が良くない」「見積額よりも高い請求が発生した」「アフターフォローに応じてくれない」と言ったトラブルが発生するケースがあり得ます。翻訳サービスを探す場合に気をつけるポイントとして、個人にするか翻訳会社に依頼するかがあります。

この場合個人は、依頼を任せられる信頼の置ける相手であるかがキモになります。よって無名の相手では、対応や仕上がりに不安が残る点があります。また個人の場合、それぞれの翻訳の強みによってはうまい翻訳だけではなく独創的な仕上がりになり得る点がメリットとしてあります。その一方で翻訳会社の場合は、翻訳会社のスタッフ(コーディネータ)の対応が挙げられます。

この場合は、スタッフが原稿を元に案件内容を的確に把握できるかや、適切な翻訳者を探す事が出来る点であったり、納品後のアフターフォローまでしっかり出来る相手である事が重要です。よって、スタッフの対応の良し悪しがその後の翻訳サービスの展開やトラブルが発生した場合に、適切な対処を行うかどうかの目安となります。

また大手の会社か中小企業かの場合、大手よりも中小企業のほうが特定の分野への強みがある事が多いので、特定分野の論文や技術関連の難しい書籍の翻訳ならば中小企業も視野に入れる事が良いポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *