翻訳サービスで契約書を作成する場合の注意

翻訳サービスを利用して海外の企業との契約書を作成する場合には、実績の豊富な会社のサービスを利用することが重要となります。

その実績とは単に翻訳だけでなく、企業が進出しようとしている国に対しての契約書を作成したことがあると融点を重視しなければなりません。その理由は、日本と海外との契約に関する文化が大きく異なる可能性があること、加えて相手の国の文化として契約書の内容をどこまで充実させればよいかが異なることにあります。基本的に契約書の翻訳を行う場合には、日本国内で使用されている契約書原文に沿った内容とすることが必要です。相手国の企業や個人に対して必要な権利を確実に主張することができる内容となっていることが重要であり、また同時に相手の権利を十分に認める内容となっていなければならないのです。

特に日本の契約書の場合にはこの点が曖昧になってしまうことが多く、最終的には裁判で解決するといった内容を付け加えて終わることが多いのですが、海外の場合には契約書の中だけですべての権利や義務の内容を規定してしまうケースも少なくありません。そのため曖昧な記載をすると相手にとって利益を与えることになり、非常に厄介な問題に発展することが多いのです。しかしその反面、こちら側の権利ばかりを主張するとトラブルが発生してしまう恐れもあります。

そのためそのバランスを十分に考慮することができる翻訳サービスを選ぶことが重要となります。翻訳サービスを利用する際には単に文章の翻訳だけでなく、これらの国同士の文化や認識の違いを十分に考慮した上で文書を作成することができる業者を選ぶことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *