コンピューターによる翻訳サービス

翻訳サービスといえば、昔は専門の人によって一つ一つ翻訳作業が進められていくのが当たり前でした。

それ以外の方法などちょっと考えられなかった時代です。ところが、今ではコンピューターによる自動翻訳サービスが発達してきています。手軽さや、費用も特にかからないことも多いという理由もあって、人の手による翻訳サービスを依頼したことはないけれども、コンピューターによる翻訳なら何度も使ったことがあるという人も多いでしょう。翻訳にコンピューターを使うという発想そのものは、コンピューターが生まれた時点からありました。

単語の意味をコンピューターのデータベースに蓄えておき、一つ一つ変換するという方法です。もちろんこれだけでは文章として読めるものにはなりませんから、基本的な文型くらいは覚えこませておく必要があります。このあたりまでは比較的容易にコンピューターが活用できたのですが、ここから先はかなり困難な道のりです。

というのも、人間が使う言葉は常に機械的なものでは全くなく、同じ単語が別の意味を持つということもありますし、同じような表現であってもニュアンスが異なるとか、逆に同じような意味合いであっても別の表現ができるということもいくらでもあります。あいまいな処理が基本的に苦手なコンピューターで高度な翻訳をさせるのは大きなハードルがありました。しかし、昨今のIT技術の発展は目ざましいものがあり、このような問題点を次々とクリアしつつ、専門家に迫るレベルの翻訳がコンピューターにもできるようになってきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *