修理が必要なトイレの水漏れの種類

トイレの床がいつの間にか濡れている、ドアを開けたら床が水浸しになっていたなど、気が付いたときに慌ててしまう水漏れは、放置していると症状がひどくなる傾向があります。

漏れた水が、床に染み込んでにおいやシミ、腐食、カビなどの原因になるので、早めに修理をする必要があります。外側には漏れていないタンク内の水漏れは、気付きにくいのですが、使う前に止まっている筈の水が流れているなどに気付いたときには、タンクの中を一度見て、チェーンやフロートがずれていれば位置を直すだけでおさまります。チェーンやフロートの位置が原因ではない、原因が分からない場合には修理が必要なので、業者に依頼しましょう。パイプや給水管の接続部分の水漏れは、パッキンの劣化かねじのゆるみが原因となっていることがあります。

パッキンを交換したりねじを締めなおしたりするとおさまることもありますが、長年使っていると劣化したり、不具合がおきやすい部分ですので、修理が必要になる時期が近いと考えて、点検を受けることをおすすめします。便器からの水漏れは、劣化によって細いひびが入っている、便器と床の間のトラブルが考えられます。トイレ本体からの水漏れは、基本的に交換をすることになるので、速やかに業者に連絡を取って相談しましょう。トイレ修理をする場合には、早めであれば、いくつかの業者に見積もりを依頼して、比較をしてから選ぶことが可能です。修理が必要かどうかも、見積もり時に無料で点検してもらうことができるので、無料の点検や見積もりを活用することをおすすめします。
トイレの水漏れ修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *