浴槽つまり時に福岡の会社が実施する修理法の概要

日本では入浴時は大半の方が浴槽に湯を張って湯舟に浸かります。家族全員の入浴が終わればその都度使用した湯を下水へと流しますが、この時に大きな泡が出て低い音が排水管から聞こえてきたという経験をされた方はいませんか。この現象は浴槽つまりが起こった際にあらわれるものなので、早急に専門修理会社に連絡をして調査と修理を依頼するのが望ましいです。浴槽つまりは比較的発生しやすい水回りトラブルの一つで、九州地方を代表する大都市・福岡では年間約2万件以上もの浴槽つまり事案が確認されていることが、市の上下水道局の報告書で確認できます。

この件数は他の自治体よりもやや高い数字ですが、福岡の場合は各家庭の排水管が直径3cmと細くなっていることに起因します。汚水のみを流すのであれば問題にはなりませんが、浴槽であれば髪の毛等の異物も流れ込むので浴槽つまりが起こしやすいといえます。福岡で浴槽つまりの修理を依頼された専門会社では、「高水圧洗浄」という方法で詰まりを修理されます。一般的な浴槽のつまり修理ではワイヤーブラシという道具を用いて異物を取り出すのが主流です。

しかし福岡だと排水管が細いので、このワイヤーブラシを用いた修理がおこない難いのが実情です。そのため、コンプレッサーを使用して約240hpの水圧に高めた水を排水管に注ぎ込み、内部に詰まっている異物を下水道へと押し流す修理を採用されています。戸建てはもちろんのこと、マンション等の集合住宅でもおこなえる修理法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *