蛇口の水漏れトラブルでプロに修理を依頼するケース

家の水回りの中でも、お風呂場やキッチンあるいは洗面所などは、日常生活で利用頻度の高い設備として知られます。そのような場所に設置された蛇口では、水漏れによるトラブルも数多く報告されています。蛇口の水漏れ原因の多くが、部品の経年劣化といっても過言ではありません。通常では水栓の耐用年数は約10年と言われています。

この時期を経過すると各種の部品に何らかのトラブルが起こり始め、そこから水が漏れするためです。例えばシングルレバー混合水栓の吐水口やレバーハンドル周辺から水漏れするなら、カートリッジやケレップの劣化が考えられます。あるいは水栓の台座や接続部から漏れる場合には、パッキンの劣化を推測すべきでしょう。またナットやボルトのゆるみによって、水栓の接続部から水漏れするトラブルも目立ちます。

開け閉めを繰り返すハンドルレバーの周辺や、負荷がかかりやすい接続部では、ボルトやナットがゆるみ出すからです。ボルトやナットのゆるみ程度であれば、家庭にある工具で締め直すだけで、素人でも容易に修理が可能です。ただし次のケースでは、専門の水道修理会社へ依頼することをおすすめします。まず耐用年数が経過した水栓の場合には、部品の交換ではなく、水栓自体を丸ごと交換しなければならないケースも珍しくありません。

大がかりな工事になることが予想されるため、水道修理会社へ相談すべきでしょう。たとえ部品交換だけの修理であっても、古いタイプの水栓で交換部品の入手が困難ならば、やはり専門の水道修理会社へ依頼する必要が生じます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *