お風呂場の水漏れトラブルには迅速な修理を

お風呂場は日常生活には欠かせない重要な設備です。それだけ家の水回りでも利用頻度が高いと言えます。しかし一度に大量の湯水を使用する設備であるため、何かと水のトラブルが発生しやすい傾向があります。その中でもよく起こりがちなのが、水栓やシャワーからの水漏れによるトラブルです。

ハンドルレバーを閉めても吐水口やシャワーヘッドからポタポタと水漏れしたり、無関係な台座やシャワーホースからチョロチョロと水が出る等、様々なケースが報告されています。このような水漏れトラブルの主な原因として考えられるのが、部品の経年劣化です。耐用年数がおよそ10年と言われる水栓やシャワーでは、期間が過ぎることになると部品に何らかの異常が発生し、そこから水が漏れ出すような症状が現れることがあります。もちろんそのまま放置するのは得策ではありません。

水栓や給水管またはシャワーなどに、サビや水垢あるいは水道水のミネラル成分等が付着し、ますますダメージが拡大することになるからです。そうなると部品の修理では追いつかず、水栓やシャワーを丸ごと交換する必要も生じます。このようなトラブルに発展する前に、お風呂場で水漏れを見かけたら、できるだけ迅速な修理が求められます。修理では作業中に水があふれ出さないように止水栓を閉めて、トラブルの部位や症状をよく確認します。

その上で水栓あるいはシャワーを適切に解体し、汚れやサビあるいは水垢をしっかり清掃してから潤滑油を塗って、部品を交換しましょう。これを怠ると、かえってサビや腐食を招く原因にもなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *