水トラブルが起きたら修理方法を確認

水トラブルが発生すると慌てて業者に電話する人も多いのですが、まずは自力で直す程度のトラブルなのかを見極めることが大切です。単に部品が緩んでいて、締め直すだけで解決することもありますので、急を要するような事態になっていなければ原因を確認しましょう。水の出方が激しくてすぐにでも業者に依頼しなければならないと感じる時でも、止水栓を止めれば少しの時間は調査できます。止めているはずなのに溢れ出てくるケースでは、既に素人の対処できる範囲を超えているので、電話をして来てもらいましょう。

原因としてもっとも疑わしいのはパッキンの劣化です。パッキンが入っていることなど普段は考えもしませんが、内部には調節をするためのパッキンがいくつも入っていて、それらが劣化することでトラブルが起こります。部品自体は大抵はホームセンターのような量販店で入手できるため、あとは付け替える方法を調べるだけです。部品を外していく際に工具が必要となり、外した手順も覚えておかなければなりません。

交換した後に元通りにするために、逆の手順で戻していく作業が発生します。見極めが難しい時には、業者に症状を話して対処法を聞くのも一つの方法です。ただし、業者によっては案件として受注できないものは対処してくれないことがありますので、親切な業者を探す必要があります。一刻でも早く修理が必要な時には、現場に到着するまでの時間が短いところを選ぶのが鉄則です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *