水トラブルは原因別に対処

水トラブルが発生したら、原因別の対処法を確認する必要があります。よくあるのが蛇口からの水漏れであり、放っておくと水道代がかさみますし、蛇口まわりを劣化させてしまうかもしれません。症状を細かく確認すると、レバーやハンドル部分でトラブルが起きることがあり、この場合はナットやボルトの緩みが考えられます。ナットやボルトを締め直すだけで直る可能性がありますので、まずはしっかりと締め直してみましょう。

次にパッキンの劣化が考えられ、パッキンは規格に合ったものを用意する必要があります。入手先はホームセンターやインターネットサイトとなり、珍しい部品はメーカーから直接購入するのが一般的です。水が出てくる部分から漏れ出るケースでは、フィルターやカートリッジが汚れているのかもしれません。フィルターやカートリッジを交換することで直せますが、やはり型番の合った部品が必要となります。

修理の際には、部品を外す手順を記録していると、部品を交換した後の元に戻す手順で失敗しません。パイプの付け根から漏れ出るトラブルでは、ナットの緩みやパッキンの劣化、フィルターやカートリッジの汚れが考えられます。原因となる部分を一つずつ丁寧に確認し、疑わしいところを直していくことで対処できます。手順が分かれば対処できるという人が多いのですが、中には自信が無くてなかなか進まない人もいます。

自信が無い時には、下手に手を出して悪化させる前に業者に任せましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *