自分で出来るトイレ交換ですが、交換も一つの手です。

業者によれば、トイレの寿命は10年といわれていますが、10年でトイレ交換を一般の方は少ないのが現実です。しかし、ゴムパッキンやフロートなどのゴム系の部品は劣化し柔軟性を失ってしまう事が多く、水漏れなどの不具合が出ます。業者に依頼すると、数百円の部品交換に出張費や技術料などが加算されて一万円超える事が多くあり、店舗や通販で部品を購入して交換する事をお勧めします。便器の種類にもよりますが、ゴムパッキンなら数百円、フロート関係セットでも3000円も出せば購入出来ます。

トイレは、簡単に止水できるので止水し、一度排水してタンクの蓋を外せば安心して作業出来ます。貯水タンクの上部に手洗いがあるタイプは、蓋の裏にフレキシブルなパイプがあるので手で回して外します。道具も、ペンチやプライヤーで作業出来ます。しかし、現在の便器の進化は目覚ましく自動開閉式や陶器で無い便器など様々な機能を持つトイレが出てきているので、トイレの不具合を機に便利な機能ついたトイレ交換するのもひとつの手です。

新型トイレの機能には、排水流が渦をまきながらトイレを洗浄することによって、節水しながらもしっかりと汚れが落とせ、トイレ掃除の回数が減らす便利な機能や自動で次亜塩素酸水のミストを吹き掛けて除菌と掃除を行う機能などあります。又、トイレが自動で洗浄する機能に加えて、便器のデザインを見直して掃除しやすくしたタイプもあります。便器の凹凸が少ないシンプルなデザインして掃除しやすくしたタイプやスペースが有効に使えるタンクレスタイプ、汚れのつき難い有機ガラス系新素材で掃除が楽にしたタイプなどがあります。以前に比べるとリフォーム業者が増えた事で過当競争が激しくなっており、トイレ機器の販売価格や工事費用が安くなっています。

修理費用よりは高額になりますが、トイレ交換による日々の快適さと便利さを考えれば良い選択です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *